人気ブログランキング |
Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 大晦日
2005年 12月 31日 |
あと少しで今年も暮れようとしています。この一年思えばいろんな事がありました。
自分にとっても転機となった年。異動して今までやったことがない新しい仕事が始まりました。
また、異動後すぐに新しくBlogも始めました。日記は三日坊主で続いた試しがなかったので始めた当初は続くか心配でしたが、習慣になりました。今まで見過ごしてきた小さい出来事の積み重ねで毎日があるもんですね。Blogを書くことを薦めてくれたボスに感謝です。副産物として、blogを通じてお友達ができたり、ジールにも出会えたし。新たな出会いに感謝です。


今夜はN響のアシュケナージが指揮をした第九をテレビで聴きました。
大晦日恒例の第九。耳が聞こえない中でベートーベンが作曲した第九番目の交響曲。びっくりするくらい大きい原始的な補聴器をつけながら、人生の絶望感にさいなまれた中で生まれた名曲。音楽家として絶望の淵にいたはずなのに、複雑さと厚みと美しい旋律のテーマを頭の中だけで生み出し、後世にまで続く生きていく希望と喜びのメロディーを遺したんですからね。アシュケナージの指揮もオケや二期会の合唱もベートーベンの魂が乗り移ったようで素晴らしく感動しました。

来る年への希望。
来年はどんな出来事が待ち受けているのでしょうか。
真っ白のノートに一つ一つ書き込む様に毎日が続くのでしょう。

新しい年が素晴らしい年になりますように。
<< 元旦 ページトップ 年末準備 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon