人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ トリノオリンピック 世界の壁は厚い
2006年 02月 14日 |

トリノオリンピックが開催されて4日が経過し、時差で寝不足になりますね。マスコミが主導した【期待の選手】の不振が続いています。メダルの期待の高かった選手たちのメダルはゼロです。これはマスコミ・国民の過度の期待と現実のギャップなのでしょうか??

例えば昨夜のスノーボード・ハーフパイプ。
今シーズンワールドカップで何度か優勝しているから、期待する事は間違っていないと思います。しかし過度な期待はどうか。ハーフパイプの世界ではアメリカの選手達が世界をリードしていて、彼らは代表の座を決める為の国内試合に集中していたそうです。その「強豪」が不在のWCで優勝しても、オリンピックの舞台でトップに立てたとは、日本の代表選手達も思っていなかったのではないでしょうか。だけど、マスコミが「強いよ、最強だ、メダル候補だ」とはやし立て続けたら、若い彼らは「もしかしたら自分は強いのかも」と思いこんでしまう事に難くないでしょう。

 もちろんマスコミに取り上げられ、競技への注目度が上がる事は、彼らにとっても業界関係者にとっても良い事だとは思うけれど、その世界の情報に精通している人のコメントを、マスコミはもっと取り入れ冷静に分析して報道して欲しいですね。タレント化してしまった‘元アスリート’のコメントと共に、上っ面しか取材しない情報を垂れ流しているのが大半ではないでしょうか。これでは不要な期待と成績が出なかった時の落差が大きくて、結局業界の為にはならないと思います。 まぁ、話題と言う商品を使い捨てにしているマスコミに期待するのは、間違っているのかもね。視聴者としてあまりに過剰な報道は、一歩引いて受け止める事が必要じゃないかな。

オリンピック後半に予定されているフィギュアへのメダルの過度な期待と報道で、選手たちのバランスが崩れないことを祈るばかりです。報道番組にちらっとでていた荒川選手の落ち着いた表情と「体調管理もばっちり」という言葉、静けさの中での練習風景で自分のペースをしっかり維持している彼女の姿になぜか救われる気がしました。彼女は大丈夫。他の選手も周囲に惑わされず、落ち着いてそのときを迎えて全力を出し切って欲しいです。
by dianas | 2006-02-14 22:02 | ■NEWS |
<< 春の息吹 ページトップ チョコレート戦争 >>
XML | ATOM

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ
White Skin by Sun&Moon