人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 冬季オリンピックの華
2006年 02月 24日 |
いよいよトリノオリンピックもあと終盤戦、数日で終わりです。
期待が大きかっただけに、日本は少し残念な結果になりそうですが、なにはともあれ国の代表として世界の檜舞台に立つだけでもすごいことだと思います。オリンピックの精神は参加することに意味があるのですから。

その道一筋で日々の練習を積み上げてプロになるというのはほんとうにすごいことだし、並大抵の精神力ではないと思います。マスコミががやがやと騒ぎ立てていますが、結果がすべてという考えも一理有りですが全力を尽くしてそれぞれの選手が納得がいく演技になることを祈るばかりです。。 明日のフィギアスケート・フリー演技でどうなるかとドキドキしてしまいます。
特に、荒川静香の演技、両手を後ろに上半身を反らして回転する『イナバウアー』には惹きつけられます。なんでも50年も前のドイツの選手(=イナ・バウアー)が編み出した技だとか。可憐でしっとりして、ひたむきな姿を感じさせて美しい。

そして、村主章枝のショートプログラムの演技が始まる前の彼女の目を見た瞬間、グラッと私の心が大きく揺れました。彼女のスケートを見ていると、何故か涙が溢れそうになります。彼女の気迫と、何かとてつもない大きな力とつながっているかのような「魂」が画面から伝わって来たからでしょう。彼女は「魂の芸術家」なのだと思います。

安藤美姫の4回転ジャンプが成功すれば、倍の得点を得られるとか。人生最大の賭けに挑戦する彼女にも最大の声援を送りたい。究極の緊張感の中で挑む彼女たちの姿を、最後の瞬間まで息をひそめてじっと見守りましょう。
by dianas | 2006-02-24 00:54 | ■NEWS |
<< Gold Medalist誕生!! ページトップ 祝砲! >>
XML | ATOM

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ
White Skin by Sun&Moon