人気ブログランキング | 話題のタグを見る
Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ Love in a Mist, Devil in a Bush
2006年 04月 25日 |
Love in a Mist, Devil in a Bush_a0076043_21512870.jpg

月曜日から新入社員が配属され、それぞれの部署にフレッシュマンが投入されました。うちの部署には入ってこないですが、いい意味で社内に新風を撒き散らしてくれれば・・・と思います。今年の新人はとにかく元気がいいです。声がでかい。挨拶もでかい。気持ちのいい笑顔は将来のお客様に好かれるはず。それぞれの新しい現場で、先輩からの時に厳しい言葉を浴びても前向きに頑張って欲しいです。そんな彼らにエールを送る意味で、さやわかな初夏の新風を巻き込みそうなアレンジを!





今日も脇役シリーズで、メインではないお花たちに注目してみます。
◆ラクスパー(水色の小さい花が沢山付いてる方)
和名:千鳥草
南ヨーロッパキンポウゲ科の一年草。
一般的にはストックのように一本の茎に穂状に花を付けた姿をしています。

◆ニゲラ(ちりちりした細かい葉っぱに囲まれてるブルーの花)
和名:黒種子草(くろたねそう) 
キンポウゲ科クロタネソウ属 
英名:Love in a mist, Devil in a bush(霧の中の恋、茂みの中の悪魔)

イギリスでは「Love in a mist」という名前で、繊細な花と葉の形からのイメージから。アメリカでは、「Devil in a bush」 という名前でつんつんとした角の生えたようなところに袋があり、その中に真っ黒な種が入っていて、それが悪魔に見えるのかな?

「霧の中の恋、茂みの中の悪魔」なんてロマンチックでありながら、なんて小悪魔的な名づけ方なんだろう。男の人はそんな得たいの知れない魅力の女の子にはまるのだろうか。実際に霧の中の恋は前が見えなくて嫌ですが(笑)
<< チェルノブイリから20年 ページトップ トミーのおもちゃの世界 >>
XML | ATOM

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ
White Skin by Sun&Moon