Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
|
|
2007年 05月 22日 |
a0076043_9405965.jpg
『東京探検隊』の記事が中途半端なままなので、あの日の続きを・・・
5月のバラの香りに誘われて、エキサイトにお引っ越しなさったsakuraさんのために
日比谷公園のバラ苑からもお祝いのお花をお届けします(^^)
探検隊でもほとんどのメンバーがエキサイトブロガー。また新たに加わったお仲間をお祝いしましょう♪

私のスキンも初夏バージョンでイメージチェンジしました。夏までの間はこれでいきます!
いつも使わせて頂いているsun & moonさんのスキンです。

続きを読む・・・
[PR]
2007年 04月 11日 |
a0076043_1342128.jpg
まっすぐのレールが続くインクライン。言わずとしてたサクラの名所です。
訪れる人それぞれがレールを辿ったり、すぐ目の前を横切るサクラを楽しみながら
ゆっくりと、ゆっくりと歩みを進めて・・・

【wikipediaより引用】
1891年から1941年まで運用された琵琶湖疎水のインクラインで、高低差がある水路間で船を往来させるため、京都市の南禅寺と蹴上間の傾斜区間に軌道を敷設し、ワイヤーで牽引される「船受枠」という台車に船を載せ昇降させた。産業用に建設されたインクラインを旅客用に転用したり、復元したりしたケースで、「インクライン」の呼称がそのまま使用されることがある。

琵琶湖疏水は発電のほか、水運にも用いられ、琵琶湖(大津)と京都、京都と宇治川(伏見)を結んだ。高低差の大きい部分にはインクライン(傾斜鉄道)と呼ばれる線路が敷かれ、船を線路の上の台車に載せて移動させた。水運の消滅に伴いインクラインはいずれも廃止されたが、蹴上インクラインでは一部の設備が静態保存されており、その周囲は桜の名所として知られる。

続きを読む・・・
[PR]
2007年 04月 11日 |
a0076043_2315960.jpg
あぁ、絶景かな・・・

歌舞伎の「楼門五三桐」で石川五右衛門が「絶景かな」と見栄を切るシーンに登場する山門。
(石川五右衛門がこの門に上ったというのは架空の話で、門は五右衛門の死後に建ったものだそうです)
知恩院三門、東本願寺御影堂門とともに、京都三大門の一つに数えられ、堂々たる構えに圧倒されます。
(トップ写真のみ2007.3.10撮影)

続きを読む・・・
[PR]
2007年 04月 08日 |
a0076043_23525970.jpg
哲学の道から脇道に逸れた小高い道を登ると、ひっそりと姿を表す法然院。
哲学の道の出店のかけ声や人通りが嘘のように静まりかえっておりました。
先日『Earlgrey』のmaronnさん『Naturo Rauke ― SYAGA☆写画 ―』のraukeさん
プチ探検隊をしたときにもここを訪れましたが、私のCFカードのデータが飛んで消えてしまったのでリベンジに訪れました。

着物でめかし込んだカップルは哲学の道を歩き始めたときから私たちのそばを歩いていたんですけど
慣れないかっこと、はき慣れない草履でへばってしまっていたようです。

もし、20代の頭ならば、自分で選んだ着物を着て、彼と手をつないで・・・というデートをやっていたかもしれませんが
今やそんな気はさらさらありません(笑)
京都を歩くなら、歩きやすいかっこが一番ですから・・・

続きを読む・・・
[PR]
2007年 04月 07日 |
a0076043_20505833.jpg
三週間前に京都を訪れたときにも、二度この道を歩きましたが、桜が咲くとふわ~っとした華やぎが溢れています。
京都のさくらを求めての旅の始まりは哲学の道から。
黒い頭ばかりを撮影するかと覚悟して臨みましたが人通りはまずまず。ほっ。

続きを読む・・・
[PR]
2007年 04月 06日 |
a0076043_135326.jpg
初めて桜の時期に京都を訪れてきました。
念願の京都の桜。
うららかな春の装いで、言葉に尽くせないほど美しい京都に感激してばかり・・・
秋の紅葉の頃ほどの観光客ではないけれど、世界中から京都の桜を求めて観光客が集まってきていました。
誰もが感激の眼差しで桜で彩られた景色を楽しんでいた様子が印象的でした。
ちょっとばたばたしているので続きは後ほどじっくりとレポートしますね。
[PR]
2007年 03月 22日 |
a0076043_2359589.jpg
お彼岸前の冬の様な寒さがやわらぎ、固いサクラの蕾もほころび始めました!
ようやくサクラの撮影シーズンがやってきましたね!!!

って、実は、これはお花屋さんで買ったサクラです。
品種はトウカイザクラ。ソメイヨシノよりもほんのりと淡いピンクで儚げです。
今日、お花屋さんに行ったら「トウカイザクラ」と「ヨシノザクラ」がいっぱい入荷されていて、
東京のサクラも開花したし、アレンジメントにも使いたくなり、真っ先に枝を抱え込んでしまいました(^^)

いいですね~。この日本の春そのものお花は。
見ているだけで幸せになる。

今年のサクラの初撮りでピントがかなり甘いし、室内なので、
ワンランク上のhide兄さんの『みんアル♪』「第二弾・サクラ企画」にはちょいお待ちを!

続きを読む・・・
[PR]
2007年 02月 19日 |
a0076043_2222982.jpg
二十四節気では、2月19日が雨水(うすい)。
いままで降り積もった雪や氷が解け始めるころ。
また降る雪も雨に変わり気温はさらに上昇して木々の蕾もふくらみを増してくるそうです。
アプリコット色のチューリップの花びらが少しづつふくらみ、ころんとした花姿が春の喜びを告げてくれるよう。
花びらの外側に行くに従って、淡い緑色のグラデーション。
自然が生み出す色ってなんてきれいなんだろう。

続きを読む・・・
[PR]
2007年 02月 10日 |
a0076043_0274752.jpg
来週はバレンタイン。

「男の人にプレゼントする花束」っていうテーマで。
今回はdianasから男性の皆さんへ心ばかりののプレゼントです。(^^)

もちろん、女性の皆さんへも・・・。

続きを読む・・・
[PR]
2007年 01月 26日 |
a0076043_1103184.jpg
花の中でも一番高貴な花と称される胡蝶蘭。
一昔前は、結婚式のブケーの定番だった、胡蝶蘭。
胡蝶蘭の花言葉は「清純、幸福が飛んでくる」

胡蝶蘭には丁寧にワイヤリングを施していきます。この一手間が、今回一番気を遣いました。
実は、ワイヤーを通すときに、下に隠れた花びらをぐさっと貫通(^^)
本番では使い物にならなくなってしまいます・・・(反省)まだまだ、練習が必要な私です。

続きを読む・・・
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon