Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 10月 27日 |
a0076043_2256507.jpg
岩の向こう側では男の子が虫取り網を振り回してなにやら探索中。


More
[PR]
2008年 10月 18日 |
a0076043_0393492.jpg
海岸を歩いていくと、海に集う人たちの平和を願うかのように
ひっそりと岩陰から見守る鳥居が佇んでいます。


More
[PR]
2008年 10月 13日 |
a0076043_22262353.jpg
三連休は会社の写真部のメンバーと一緒に、泊まりがけで葉山から三浦半島に撮影に行ってきました。
みんなで集まったのは8月の横浜撮影以来のこと。
薄曇りでぱらぱら雨が降ってカメラを構える場面もあったけれど、土曜日のお昼頃からは雲間が割れて清々しい秋晴れでした。


More
[PR]
2008年 10月 10日 |
a0076043_2355463.jpg
重厚なカーテンの間から庭園から差し込む眩しい光。
ゆったりと静かに流れる時間を味わうように一歩一歩過ごしたくなる空間。
ルネ・ラリックが制作したシャンデリアが輝く大客室は朝香宮邸のなかでももっともアール・デコの粋が集められています。


More
[PR]
2008年 10月 07日 |
a0076043_0143698.jpg
邸内に踏み入れると目に飛び込んでくる「香水塔」。
旧朝香宮邸の中でもシンボリックな象徴として重要な位置を占めているのでしょう。
宮家の名前の一文字には「香」がありますから・・・。

パリで三年間近く過ごした妃殿下は、香りのある暮らしの優雅さを満喫されたはず。
日本でも再現させ、邸内で香りの演出をしたかったのでしょう。


More
[PR]
2008年 10月 05日 |
a0076043_22192214.jpg
長いこと田舎にこもっていましたが、ようやくブログの世界にも戻ってきました。
ずっとブログ巡りもしなかったから世間から取り残されてしまったような。
でも田舎の美味しい空気を吸って英気を養ってきましたよ!

「東京都庭園美術館にいかない??アールデコの館が一般公開するから田舎暮らし終了万歳記念に写真撮りに行こうよ!」
と友達に誘われて行ってきました。
都内に溢れる自然と文化の空気に触れて「芸術の秋」を味わうのは豊かな気持ちになれます!

東京都庭園美術館のHPから引用

東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸(朝香宮殿下は久邇宮[くにのみや]家第8王子、妃殿下は明治天皇第8皇女)として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれかわりました。

 この建物は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式を 現在に伝えるものです。フランス人デザイナーが、主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮[たくみりょう] の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。 当館は従来の美術館とは異なり、建物自体が美術品といえます。そして、作品とその観賞空間との間に 交感が生まれるような、新しい美術鑑賞の在り方を提案しています。美術館は広大な緑溢れる庭園に囲まれ、自然と建物と美術作品があわせて楽しめる環境に恵まれ、そこに庭園美術館の名も由来しています。


More
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon