Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
<   2008年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
|
|
2008年 02月 27日 |
a0076043_224206.jpg
週末、久しぶりに長らくお世話になったお花の先生のところに寄りました。
お稽古をしなくなって、我が家からお花がすっかり消えてしまったことを話すと、
「おうちで飾ってね」とおっしゃりながら、ささっと白いお花を用意してくださった先生。

フェミニンな春を描く白いポピーが、ピュアな思いを秘めながら、
我が家にも春の清楚な空気を運んでくれました。花言葉は「忍耐・なぐさめ・七色の恋」


続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 26日 |
a0076043_21512362.jpg
大型バスに乗ってます


続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 25日 |
a0076043_22555486.jpg
去年に引き続き、今年もみーたんのおゆうぎ会に行ってきました。
前日に「おうたと劇をやるので来てください」とみーたんから電話があったので、
みーたんの晴れ姿をちゃんとカメラで撮っておかないとね!
今年は楽器を使っての演奏で始まった年少さんのステージ。
みーたんはトライアングルをちーんとならして頑張ってました。

はじまりはじまり~~

続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 25日 |
a0076043_084739.jpg
いつも私がカメラを抱えているせいか、
「dianasちゃんみたいに撮りたいの~!」と嬉しいことを言ってくれるようになりました。
30Dのカメラのダイヤルをクルクル回しながら、画像チェックは以前からさせていたのですが、
今回初めてカメラを持たせてみました。
しかし、小さな彼女の手では指が届きにくくてシャッター押すのも力が弱く一苦労。
そんなわけで、「ママのカメラ」を握りしめるみーたん。

続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 24日 |
a0076043_0555294.jpg
三寒四温で春の足音が近づいてきたかと思ったら、一転して寒波に襲われた日本列島。
今日は冬に逆戻りしたように風が冷たい寒い一日でしたね。
ダウンジャケットのチャックを首までぐっとあげ、sakuraさんにいただいたマフラーをぐるぐる巻きにして、寒さを凌ぎました。
sakuraさんのお手製のマフラーはシルクの糸で織られた肌触りは滑らかで、この冬は大活躍です!
今日もマフラーの温かさに助けられた一日でした。

こんな寒い日にはほっかほかの焼きいもが最高!

続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 22日 |
a0076043_2205734.jpg
信じていれば、願いは叶うのですね。「いつか必ずお会いする日がやってくる」と淡い思いを願い続け
二年近くの歳月を経て、念願がようやく叶い、現実となりました。
決まった時から楽しみで楽しみで・・・初デートに行くような気持ちで過ごしてきたのです。

ずっとお会いしたかったのは、きらきらとした日々を美しく綴っていらっしゃる『代官山だより♪』のmariaさん
聖母マリア様のように慈愛に満ちた、愛情に満ちあふれた素敵な女性でした。
初めましてなのに、コメントとブログの記事を通じて、おしゃべりをしてきたので、初めてのような気持ちがまったくなし!

そして今回キューピットとなってくださったのが『美食Kitchen』のかよんちゃんでした。
かよんちゃんとは昨年5月のchakoさんのパン教室でお会いして以来の再会です。
パン作り超初心者の私とはえらい違いで、手際よく、パンをこねるのも上手で、あの時は圧倒させられました!
それに、新幹線に乗ってはるばるいらしたのも驚きました!!
交通費をかけて通っていらしたのですから、熱意がこもっているのは当然のことですよね。
あの日以降も、日々の生活の中でパンやお菓子を愛情込めて作っていらっしゃいます。

三人の素敵な出逢いに乾杯!


続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 18日 |
a0076043_22344275.jpg
まだ夕陽の写真を引っ張るのか・・・と言われてしまいそうですが、
今日のエントリーはすべてねねちゃんが撮った写真です。

続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 14日 |
a0076043_21115510.jpg
混迷の度合いを深める地球

みんなみんな愛の言葉を待ち続け

日々歯をくいしばりながら頑張っている

その後ろ姿にエールを贈ろう

こころを込めて「愛してます」と

[PR]
2008年 02月 13日 |
a0076043_21513735.jpg


続きを読む・・・
[PR]
2008年 02月 12日 |
a0076043_2156532.jpg
神々しい夕陽に染まる海を眺める恋人達。
「あなたと一緒にこの光景を見られることが最高の幸せ!」と言っているのかな。
岩の舞台に立ち、二人で語らい合いながら沈む夕陽をずっと眺め、ときどき見つめ合う。
「また一緒にこの夕陽を見に来よう!」と語り合っているのかな?見ていてとっても微笑ましくなる二人。

続きを読む・・・
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon