Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
<   2006年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 03月 31日 |
a0076043_14492423.jpg
今朝の「目覚ましテレビ」で、東京で今日一番きれいサクラの名所は芝の『増上寺』と紹介されていました。天気は良かったですが、かなり寒かったので、どうしようか迷いましたが、せっかく満開宣言も出たし、夜桜を撮るのも初めてだったので行ってみました。会社から増上寺までは電車で一駅ですから急げば日が落ちる前に間に合います。明るいうちに着かなきゃ!と急ぎ足で駆けつけてみると観光客がうようよ。さすがサクラの名所です。上野の花見客ほどは人がいませんが、一眼レフ+三脚立てて撮影している方もちらほら。境内に入ると見事に咲き誇ったさくらの美しさに息を飲みました。屋台さえなければ、絵になるのになぁ・・・と残念でしたが。

More
[PR]
2006年 03月 30日 |
a0076043_14524161.jpg
父の友人がベルギーから一時帰国し、懐かしいお土産を抱えて遊びにやってきました。アントワープでダイヤモンドの買い付けの仕事をされ、もう20年くらい現地に滞在されています。日本の婚約指輪向けの商品を扱っているそうです。以前アントワープに遊びに行ったときにそのおじさんのオフィスに連れていっていただいたことがあります。キャビネットの中に、油紙に包まれた1カラット以上のダイヤモンドがごろごろと入っていて、「このキャビネットのダイヤモンドだけで○億円だよ」と言われた時が第一の衝撃。そのとき、ユダヤ人のダイヤモンド商人がオフィスに買い付けにきていました。よく映画に出てきそうな黒い小さな帽子を頭にちょこんと載せ、黒ずくめの洋服を着込み、映画から抜け出てきたようなたたずまい。そのユダヤ人が抱えていたアタッシュケースから見たことがない現金の束をちらっと見たのが第二の衝撃です。

More
[PR]
2006年 03月 29日 |
以前ランチで連れて行って頂いた神田の『竹苑』でご馳走になりました。本場の上海料理を気軽に楽しんでもらおうと、上海・花園飯店出身の料理長が神田にOPENしたお店です。

More
[PR]
2006年 03月 28日 |
a0076043_15395423.jpg


More
[PR]
2006年 03月 27日 |
a0076043_15432628.jpg
週末、ネタ探しの旅ということで、近くの小学校の校庭に出向いたらこぶしの花が咲いていました。もうほとんどピークを過ぎていましたが、芳醇な香り。こういう素敵な香りを身にまとったらエレガントな女性になりそう^^香りをかいだことがなかったので、その芳香に驚きました。
【こぶし】・木蓮(もくれん)科。
     ・学名 Magnolia kobus
     Magnolia : モクレン属
     kobus : コブシ(日本名)
Magnolia(マグノリア)は18世紀のフランス、モンペリエの植物学教授 「Magnol さん」の名前にちなんでいます。

More
[PR]
2006年 03月 26日 |
a0076043_1548119.jpg
今日は一日ベビーシッター。お正月にも遊びに来た茉莉ちゃんです。お母さんがエジプト人、お父さんが日本人のハーフです。どうみても外見はエジプト人の赤ちゃんです。
育児されている方必見!これぞエジプト版離乳食!
・オートミール
・オクラと人参と鶏とコーンとささみの味なしのごった煮
・チーズ
・りんご
茉莉ちゃんのお母さんが用意してくれたお昼の離乳食です。日本人のお母さんならきっと出さないようなメニューでしょうね。Marieという自分の名前の入った器に入れてありました。食べさせながら、こんな離乳食にお目にかかることは早々ないですから、食べさせるのを一時中断してあわててぱちり!

More
[PR]
2006年 03月 25日 |
a0076043_1674983.jpg
今朝は地元の教室のブケーのお稽古でした。今回はShawer Bouquetというスタイルで、シャワーの様に流れ落ちるブケーです。最近ピンク系のアレンジが多いなぁ。やっぱりこの時期になるとピンクのアレンジをしたくなります。

花材はピンクのバラ(名前を聞きもらした!)、トルコキキョウ、スプレーカーネーション、デルフィニウム(白)、こでまりです。今年に入ってから試験の練習ばかりしていてかっちりしたアレンジを主にやっていたので、本当はもっとふわっと作らなくてはいけないのですが、どうもだめだなぁ。それに、ラウンドでもオーバルでもないのに、今ひとつシャワーになってない・・・ラインの取り方も堅い。まだまだ反省です。

More
[PR]
2006年 03月 24日 |
a0076043_16191061.jpg
世間ではサクラが芽吹き始めているけれど、芽吹きの時期をじっと待っている。
寒い冬を乗り越え、ジャンプする前に膝にぐっと力を溜め込むように、じっとじっと。

空気はまだ冷たく、表だってはわかりにくいけれど、広大な空に向かって枝をのばし、一冬かけて準備をし、確実にその時を迎える。

左側が紫の木蓮。右側がしだれ桜。これも祖母の愛した木。
サクラの時期が過ぎたあたりから彼らの本領発揮の時期がやってくる。
[PR]
2006年 03月 23日 |
a0076043_1621292.jpg
桜の開花宣言が出ましたね。「暑さ寒さも彼岸まで」雨がしとしと降って寒いけれども、我慢できる寒さ。一雨ごとに温かくなり、三寒四温とはよく言ったものですね。いつも思うのですが桜だけなぜ皆が咲くのを楽しみにするんでしょうね。春は一杯色々な花が咲きますが桜は扱いが違うような気がします。皆どの花も綺麗なんですけどね。

これは『杏の木』です。桜の花びらよりも若干ピンク色があります。毎年、桜の時期よりも一週間ほど早く満開の時期を迎えます。あんずの花は枝にびっしり付き、散り際が花吹雪のように花びらが舞いなんとも美しいのです。ただ、実は木が大きいので上のほうについてほとんど取れません。上から落ちてくる実を拾うくらいです。

More
[PR]
2006年 03月 22日 |
a0076043_16333148.jpg
我が家でお祝いの時に作るのがこの五目おこわ。父方の実家に代々伝わる味です。従妹のお祝いをちゃんとしてなかったので、朝、いきなり母アグネスが「おこわを作ろう!」と言いだしました。いつも彼女のする事は突然なんです(**)
WBCの試合が始まる前に餅米をとぎ、試合が終わるまでそのままに・・・

More
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon