Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
<   2006年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 01月 31日 |
a0076043_10504381.jpg
a0076043_10504941.jpg
日曜日は雲ひとつない晴天。桜が咲く頃みたいに暖かかったですね。
普段、お日様の下を歩くことってあまりないので、ぷらっと散歩してみたくなって、近所を歩いてたらこんなのをみつけました。今まで、気付かなかったなぁ。

ちょっと素人風の看板とディスプレーのコーヒー屋さん。あまり、喫茶店ぽくない概観なんです。よみうりランドの駅前から一本入ったところにありました。

小さい一軒家のコーヒー屋さん「まめや」というようです。お店の外壁にいろんな産地のコーヒー豆と煎り方が掲示(?)されてます。名前にも「まめ」を歌ってるのだから、こだわっている店だと感じさせます。壁面の「豆のディスプレー」も、きっとオーナーのおじさんの手作りなんでしょう。残念ながら、店の前を通った時は閉まっていたので、またの機会にこだわりの美味しいコーヒーを出してくれるのを期待!

一転して、今日は恵みの雨。空気がひんやりして寒いけれど、乾燥した空気にはありがたい雨です。
[PR]
2006年 01月 30日 |
たまプラ、鷺沼あたりに続き、第三の世田谷といわれるわが地元、新百合丘界隈の道路事情が深刻です。

特に土日の交通渋滞がどうしようもないくらいひどいんです。駅の南側には新百合オーパ、新百合ヶ丘サティ・ビブレ、小田急新百合ヶ丘エルミロード、小田急エコルデの4つの商業ビルがあり、駅の北側には麻生区総合庁舎や文化センターがあります。それぞれの建物にはかなりの駐車スペースがあるはずですが、利用者の数が圧倒的に多く、キャパ不足であります。その限られた駐車場にとめて、買い物する人が多いので、その界隈の道路がとにかく進まないんです。私もいらいらしているドライバーの一人であります。

駐車場に入れるにも、空いていればすすすっと駐車出来て自宅に戻るまで10分以内に帰れたのに、昨日は駐車するのに45分、駐車場から出るのに20分、駐車場の出口から世田谷通りにでるまで25分。混まなければ5分のところが、交通渋滞がひどくて45分もかかる有様。ほんと、これには参っていしまいます。

バスも、以前なら5分で着くところが45分かかっているとか。新ユリを最寄に使っている人が最近、隣の駅を利用し、そこからバスに乗っているとか・・・。深夜タクシーを利用して帰宅した友人も音を上げてます。タクシー待ちに30分、タクシーで5分ぐらいで着くはずが渋滞して40分、4000円取られたとか・・・残業して遅くなってさらに高額のタクシー代。冗談でないですね!私の場合、新ユリを最寄り駅としていないし、最寄駅から家まで近いからまだいいですが、週末車に乗るたびにむかついてます。ハンドル握ると気が短くなって、口が悪くなる私の性格・・・いらいらするし・・・どうしようもない・・・
a0076043_10523945.jpgその上、冗談じゃないのが、山を切り崩している建設中マンション群と大学のキャンパス。ここに7700人の新住人と学生たちが押し寄せくるわけです。今まで遠くの山並みまで見渡せた自然がいっぱいの山を切り崩して、さらに、どっと人が集まって来る。建設中の道路の混み具合もひどいですが、マンションが完成した暁の2年後に住民が納まったら、交通事情はもっとひどくなるでしょう。悪名高い混雑振りの小田急線のすし詰め状態がさらに悲惨な状態になるのも簡単に想像できます。そのうち、新ユリで乗客がいっぱいになっちゃって、百合丘以降新宿寄りの乗客が電車に乗れなくなる事もありえるんではないか???成城学園前あたりから、ぜんぜん乗れない、なんてハプニング続出して、前にいる電車につっかえて、電車の遅れもあたりまえ~~になる予感。

この辺の対策を行政はちゃんとかんがえているのだろうか??
意外と、団塊の世代の人がリタイアして、電車ガラ空きになったりして?!

ちょっと今日は怒りモードで書いてしまいました。
明日からは気持ちを柔らかーく持つように心がけますね!
[PR]
2006年 01月 29日 |

後輩のブログで紹介されていてた家庭用のお風呂で使えるゲルマニウム温浴。ちょっと気になっていたんです。新百合ヶ丘のボディー用品売り場でプラプラしてたらあるじゃないですか!
さすが話題の商品!
お風呂に入れるだけ!ゲルマニウム温浴『スリムストーン』
一番目立つ場所にディスプレイされていました。

ゲルマニウム鉱石と角閃石、蛇紋岩がセットされ、20分くらい半身浴していると汗がどっと出て、身体のポカポカが持続するとか。角閃石はミネラルをたくさん含み、また水質を柔らかくしたり、蛇紋岩は遠赤外線を発するそうです。

ちょうど来週末が母アグネスの誕生日なのでプレゼント用にラッピングしてもらいました。
冷え性の母は大喜びです!みんなで使えるし一石二鳥!
今夜はジムでお風呂に入ってきたので先に母上に試してもらいます。
[PR]
2006年 01月 28日 |
a0076043_1057159.jpg
モーツァルトの生誕250年記念日の1月27日。モーツァルトの特番が組まれ、ついついテレビにかじりついてしまいました。やっぱり天才ですね!5才でメヌエットを作曲してるんですから。超大作と言われる作品も一瞬にして頭の中で組み立てて夜中から明け方までに25枚のドンジョバンニを書き上げたり。

「胎教にはモーツアルト」と言われたり、老人ホームで一日中モーツアルトを流してたりしてるようですが、昨日の番組の中で、何故モーツアルトの音楽がいやされるのか???の解明をしていました。彼の音楽には「1/f ゆらぎ」があるそうです。この「1/fゆらぎ」は自然界に多く存在し、例えば小川のせせらぎ、小鳥のさえずり、さわやかなそよ風…こういった心やすらぐリズムが相当します。同様に、心地よい音楽を聴いたり、快い感じを抱いたり…安静にしているときの脳波にも「1/f ゆらぎ」が存在します。それで豊かな気持ちで食事が出来たり、生活に彩りがでてくる雰囲気が出来るのでしょう。そこまで計算して作曲しているのか判りませんが、とにもかくにも天才です!

More
[PR]
by dianas | 2006-01-28 22:17 | ■NEWS |
2006年 01月 27日 |
a0076043_114414.jpg
a0076043_1145114.jpg
ブログをやるようになってから、いろんな人のブログを見て情報収集するようになりました。
業界ネタ、時事ネタ、経済情報、グルメ、料理関係、ちょっとしたコラムなど・・・
いろいろな切り口で書かれているので面白いですね。
あと友達のやっているブログもチョコチョコ覗き、毎日どうしてるかな??とチェックしたり。
毎日見てるとその人の人となりや考え方が垣間見れるし、流れがわかります。

More
[PR]
2006年 01月 25日 |
a0076043_119152.jpg先週に引き続き、今週も二人一組でペアになって作品作りです。今回は40代のエレガントなマダムと一緒にペアを組みました。『教会装飾』がテーマなので、普段は長い机と椅子が置かれているのをどけて、「教会の聖堂」のような雰囲気作りをして、中央にはキャンドルスタンドを立てたりバージンロードを敷いて参列者の座る倚子も並べて一番前にも花を飾り、さながら本番の結婚式で飾られるような会場作りです。背の高いアレンジを1対と低いものを1対。合計4点を8人で作りました。ちなみに私とマダムが作ったのは左側の奥の背の高いアレンジです。

More
[PR]
2006年 01月 24日 |
a0076043_11175860.jpg
a0076043_1118720.jpg
午前中、お客さんの事務所のある神田へ外出し、打合せ後のランチをご馳走になりました。神田はあまり土地勘がないところなので、どこを歩いてるかよくわかんない状態で、くねくねとした路地をたどった先にありました。駅からだと徒歩1分の中華料理の『竹苑』というお店です。

小さい店でしたが、あとからあとからお客さんが入ってくるので、きっと地元では良心的で美味しいお店で通っているのでしょう。この界隈では価格競争が激しいそうなので、良心的な価格でかつボリュームもあり美味しいのは当然、でないとやっていけないのでしょう。

入口に面した左側が小籠包や焼売などを包んだり蒸したりする専用の調理スペースになっていて、中国系のおばさんが一人でせっせかせっせか小籠包を作り、1人分づつ蒸籠(せいろ)にセットして蒸し器にかけてどんどん蒸し揚げてました。

More
[PR]
2006年 01月 23日 |
a0076043_11212794.jpg夜明けの光が東の地平線に徐々に明るみを増してきたところ。

まだ雪が残っている屋根の向こう側に、太陽が登る前のこんなに美しい光景に巡り会えるなんてなんとラッキーなんだろう。めったに見られない光景です。

朝の支度をしながら、しばらくの間、少しづつ移り変わる空の色合いを見つめてしまいました。今日最初の小さな幸せ!
[PR]
2006年 01月 22日 |
a0076043_11234454.jpg
福岡に住んでいる佳奈ちゃんママのお母さんから荷物が届いたそうで、我が家にもお裾分けを頂きました。

おばあちゃんが作った「あんころもち」や6時間もことことと煮て作った「キンカンの甘露煮」、おじいちゃんが畑で育てた大根で作った「たくわん」、「いちごのあまおう」、四国のお友達から届いた「白い丸もち」、「渋柿」から作った大きい柿などなど、心がこもった品物の数々です。

四国や九州の方ではおもちといえば「まる」だそうですが、東京では「四角いおもち」が定番。「まるいおもち」を食べる機会はそうないので嬉しいです!ご飯のつぶつぶが微妙に残って歯ごたえがあっておいしい!よーく伸びるし。色がついているのがおばあちゃんが作ったあんころ餅です。緑色がヨモギ、ピンクのはいろんな雑穀が混じっていてこれも素朴で香ばしくとっても美味しかった~!!

この柿は「阿波半田柿(あたご柿)」。
渋柿を微生物や柿酢を使い、柿のもつ元来の力を生かして化学農薬・肥料を減らし、環境に優しい方法(エコファーマー)で栽培したそうです。柿といえば、ポリフェノールやビタミンCなどの抗酸化物質が含まれているので健康な体を保つのに役立ちます。
ふだん食べる「柿」と違うから、これも楽しみ!
それに「あまい」「まるい」「おおきい」「うまい」から名付けられた「あまおう」も!

福岡のおじいちゃん、おばあちゃん、どうもありがとう!
[PR]
2006年 01月 21日 |
a0076043_11245322.jpg話題のTHE 有頂天ホテルを観に行ってきました!上映時間30分前に着いたのですが、すでにものすごい行列。なんとか席を確保できたのだからほっと一安心。一番前の席までびっちりの人。人気と期待値がぐっとアップ!周りを見渡したらサイドの通路にはびしっと人が並び、すでに席にあふれた人々が立ち見。

ほんとによく出来た映画です。
よくぞここまで極上の俳優陣をキャスティングし、個性豊かな登場人物たちを迷路のようなホテルの中を縦横無尽に動かしながら、さまざまなドラマを同時進行させていくんですから、たいしたものです。申し分のない副支配人の役所広司、、人生崖っぷちでマスコミに追い詰められ、都内ホテルを転々とする悪徳政治家・武藤田に佐藤浩市、かつて若き国会議員武藤田の愛人で今はホテルの客室係として働くシングルマザーに松たかこ、ホテル内をうろつきまわるコールガールの篠原涼子、救いようのない役柄の総支配人・伊東四郎。他のキャストもすっごく笑えるのばかり・・・。もちろんお笑いも極上。思い出すだけで噴出しそうです・・・

スター俳優陣それぞれに見せ場を持たせまとめられたものです!スケジュール管理もさぞ大変だったことでしょう。三谷幸喜がその俳優さんを思い描いて作られた脚本ならではの作品です。セットもダイナミックな映像でまさに『グランドホテル』。しょっぱなから笑わしてもらいました。2時間16分笑いっぱなし。あっという間です。

会場からも「わっはっは」とどっと笑いの渦が沸き起こり、お腹を抱えて笑わせてもらいました。
面白かった~~!!

三谷幸喜ワールド最高!!!
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon