Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
カテゴリ:・イースター アレンジメント( 6 )
|
|
2006年 04月 19日 |
a0076043_22472497.jpg
このマリア像は聖堂を建て替える前からあったので、35年以上前からあったはずです。地味なマリア像ですが、お花でマリア様の衣装(?)のラインに合わせるように対のクレセントでドレーブを作るようにして、明るくなりました。手を広げたマリア様の手の位置にアレンジメントの一番高いところが来て、置いた瞬間やった~!!と思わず手をたたいてしまいました。作るときは何せ目分量ですから^^

もちろん、キャンドル好きの神父様はこのアレンジにも火を灯したのですが、国産の普通のろうそくなので、短くなるピッチがものすごく早くて普段よりも長い時間がかかるミサの最後にまで間に合わず、ミサの後半の聖体拝領(パンをもらう儀式)の頃、残念ながら吹き消さざるを得ませんでした。キャンドルといえども、ケチってはいけないと教訓となりました。

More
[PR]
2006年 04月 18日 |
a0076043_2252118.jpg
イースターシリーズ第三弾。やっぱり、イースターといったらイースターエッグの登場です。イースターのミサの時には立ち見客が沢山でるくらい聖堂が人で溢れかえるので、こういう高さのある飾り物が欠かせません!このポールは聖堂の一番前の向かって右側に置きました。

ミサが始まる前から卵の飾りが気になる子供たちがうようよ寄ってきて、「ちょっとだけでいいから触ってみたい!!」とおねだりされ、「ごミサの前で静かにしてなくちゃいけないんだから、触っていいのは1個だけよ!」とお約束して何人かの子供を抱き上げて触らせてあげました。うっとり顔でそお~っと卵を触ってる子供たちが印象的でした。

More
[PR]
2006年 04月 17日 |
a0076043_22573075.jpg
聖堂中央の彫刻の前のアレンジと色味をあわせたアレンジメントです。同じオレンジ色の薔薇とレモンイエローのミニバラ、フィラーとしてレースフラワーところどころにあしらい、サイドを短めにして、下には金魚草でぐっと花を下げ流れるようなデザイン。上にはキャンドルを立てて十字架の様に仕立てられています。グリーンはタマシダだけ。みんなに嫌われがちなタマシダだけど、こういう風に使うとエレガントに正統派に仕上がります。

More
[PR]
2006年 04月 16日 |
a0076043_232699.jpg
今日はキリストの復活を記念する復活祭。
全世界のカトリック教会がこの日に復活祭のお祝いをします。
2000年前の出来事を記念するだけではなく、自分たちの心の復活、希望を皆で祈ります。

More
[PR]
2006年 04月 15日 |
a0076043_2363489.jpg
今日は朝から教会に集まって明日の復活祭のミサの為のアレンジメントの準備に取りかかりました。
カトリック教会にとってクリスマスとは違う喜びの行事!
いろんな作品は明日以降アップします。

今夜はその前の「聖土曜日」と呼ばれる日。
復活前夜祭というミサが徹夜で行われます。
明日は朝早くから作ったアレンジを聖堂にセッティングするので、今夜のミサはさぼり
「神に感謝」して寝させてもらいます・・・
信仰心の薄さがこういうところに出てますわ。
[PR]
2006年 04月 07日 |
a0076043_23391966.jpg
四月からのお稽古が始まりました。この春からは『スタイリッシュ・デザイン・コース』。コースの説明を見ると「上品で洗練された花の取り合わせ、スタイリッシュなデザインをワークショップ形式で学びます」とかかれています。ワークショップ形式って今ひとつわかりませんが、難しげな匂いはぷんぷん。ずっと習いたかった憧れの先生につくことが出来たし、昨日は緊張のお稽古でした。

More
[PR]
ページトップ
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon