Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 笑顔の行方
2008年 04月 25日 |
a0076043_05967.jpg
真っ白いドレスを着ていた全般はとても緊張気味の新郎新婦でしたが、
お色直しをして再登場した頃から、だいぶ緊張感がとれて
いつもの微笑みが戻ってきたようでした。

披露宴の後半に、誰からともなく踊りの輪が広がり始め、
気がついたら花嫁のかよんちゃんも踊りの輪に入り、
賑やかな音楽に乗って、みんなと手を繋ぎながらくるくる回る。
お母様もおばあちゃまも、御親戚もお友達も・・・
誰もが最高の笑顔をした本当に楽しい踊りのひととき。
この日の主人公の彼女の輝く笑顔、横顔からでもきっとわかりますよね(^^)




a0076043_052873.jpg
おばあちゃま、ご両親への感動の花束贈呈、ご両親への尊敬の念を全身で表現するお辞儀には驚きました。
新郎は地面に手をつくほど体を低くし、新婦は膝を折り跪くようにしてお辞儀をするのです。
儒教の国である祖国の素晴らしい伝統をまざまざと示す新郎新婦。
今まで育ててくださった感謝とご両親への深い愛。
ご両親へ示す感謝の念は日本人よりもずっと強いのかもしれません。

新郎の腕にしっかりと手を預け、これからの人生を二人で切り開く。
笑顔はいつまでも絶えることなく、彼女の微笑みを見ているだけでもう胸がいっぱい。
かよんちゃん、幸せになってね!と心の中で声をかけながら、ファインダー越しに新郎新婦を見送りました。
a0076043_053543.jpg
エメラルドが輝く指輪は義理のお母様から譲られたものだそうです。
新しいご家族からもきっと大切にされ、妻として嫁としてこれからの生活を担っていくのでしょう。
a0076043_05421.jpg
スタイリストさんお手製のプリザーブドの黄色のブケー。
クリーム色・オレンジ色・黄色と暖色のグラデーションがとても華やか。
スワロの煌めきも光にあたってきらきらと輝き、これからの人生のエールを送っているかのようです。

一週間にわたってお送りしたかよんちゃんの結婚式。
私にとっても感慨深い貴重な経験の結婚式となりました。
想い出がいっぱい詰まった結婚式で、ブケーを作らせてくれてありがとう。
貴女の笑顔がいつもいつも輝くよう、いつも願っています。

[PR]
<< 庭の小花の世界 ページトップ 披露宴のご馳走 ~幸せのお裾分け~ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon