Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 厭離庵
2007年 12月 17日 |
a0076043_23252883.jpg
最近の記事と、先月の京都の旅行が前後していますが、再び秋の嵐山へ戻りましょうか。
去年の京都探検隊の時に、一番最初に訪れた場所『厭離庵』。
普段は一般公開されず、去年訪れた時には探検隊のメンバーが小さな境内を独占したようでしたが、
メインの観光ルートから離れたこの場所も観光客が数多く出入りされていました。

去年と同じ日に訪れたけれど、比較してみると今年は彩りがまだ浅いかな。
まだ真っ赤に染まるまでには紅葉はなっていなかったけれど、今では散る紅葉で苔の上に赤い絨毯が広がっているのでしょうか。




a0076043_2330201.jpg
大きく幹を広げる立派な楓の木。
この向こう側でコブラさんが寝っ転がりながら写真を撮ってたなぁ。
寝っ転がってるコブラさんを「足蹴りした」と、今でも伝説(?)となって残ってしまったあの木はこの場所でした。
一年前の事がつい最近の出来事のように思えます。
静かなお庭を眺めながら、和やかに撮影したあの一日をまた思い出してしまいました。
a0076043_2333256.jpg
ひろさんのブログでもお馴染みのほっこり顔のお地蔵様。
草むらにひっそりと佇むお地蔵様。優しい微笑みで「おかえり♪」と声をかけてくれているようです。
a0076043_2335697.jpg
お行儀よく並べられた白木の下駄。
a0076043_23354270.jpg
ここではみんなでひろさんの写真を撮ったなぁ。
ひろさんのニット帽にふわりと乗った小さなもみじの葉っぱを、みんなで争うように撮ったんです。
あの時には25人の大所帯での大移動。
静かにお庭で最高の景色を味わいながら、想い出すのはあの秋の一日。
またいつかあのメンバーで京都を訪れる時が来るといいなぁと思わずにはいられません。
そんな日が来ることを願って・・・。
[PR]
<< 想いは通ず ページトップ 餅つき大会 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon