Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 竹林の道
2007年 12月 04日 |
a0076043_23181511.jpg
再び、京都に戻りましょうか。
大河内山荘を出るとすぐそばにあるのが『竹林の道』
いつもは静かなこの場所ですが・・・




a0076043_2319989.jpg
細い小径は黒山の人だかり・・・
秋の紅葉シーズンにここを通ったのは初めてでしたが、
想像を絶する人混みでもみくちゃにされそうでした。
風情もあったもんじゃありません!こりゃ、リベンジにいかないと!
a0076043_2321111.jpg
でもね、舞妓さんにも出会えました。
カメラマンがポーズを丁寧に直している写真撮影の現場を見つけてぱちり!
赤い和傘を差す、だらりと帯を垂らし、白塗りの舞妓さん。
a0076043_23213691.jpg
うなじも白いお化粧が施され、艶やか・・・
a0076043_23241089.jpg
そして、ほっかむりのおばちゃんの背中もぱちり(^^)
a0076043_23243541.jpg
おばちゃんの売り物は桜やかりんの木など、様々な木で作られたボタン。
よくみると一つ一つ形が違うから、好みのボタンを探すのも楽しそう。
a0076043_23261937.jpg
竹林の道にふさわしく、竹細工の飾りも売られています。
定価のシールは300円とか600円。かなりお手頃です。
a0076043_23272173.jpg
ざるに檜葉を敷き詰め、飾られた松茸!
京都の松茸って美味しいんだろうなぁ~~~~♪
と飛びついたら、これは紙で作られた松茸でした!
質感といい、色合いも本物の松茸に見間違える程そっくり。
香りがしたら、完全にだまされるかも(^^)
フェイクとはいえ、紅葉の飾りも載せられ、まさに秋の収穫は雰囲気満点です。
a0076043_2330549.jpg
人でごった返した竹林の道を抜け、踏切を渡ると嵯峨野に向かいます。
夕方、この踏切を通ったときは、観光客でごった返し、
警備のおじさんが「止まらないで進んでください!!」と叫んでいました。
まっすぐ続く線路、撮っておいて良かった(^^)
帰りならば絶対撮れませんでした。

[PR]
<< 嵯峨野のコスモス ページトップ みーたんの年賀状写真・・・ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon