Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ カーナビに頼ってはいけない!
2007年 11月 04日 |
a0076043_20112128.jpg
「仙石原」とナビを設定し、すすきの草原を頭にイメージしてどんな風に撮ろうかとイメージトレーニング。
「仙石原」に向かっていると思っていた場所は車が渋滞して全然動きません。
時計は午後3時半を示しています。
あぁぁぁ。。。せっかくここまで来たのに・・・夕陽が沈むまで間に合わない!



a0076043_20113030.jpg
カーナビで目的地まで「0.5km」と表示されているし、待ちきれなくて車を運転している父を残し、
母と大渋滞の車の脇の山道を登っていきました。
300mほど登っていくと、登ってきた山道に続く道と左に曲がる道が出てきました。
標識には「大涌谷」、左に行くと「強羅、小田原」とありました。
「仙石原はどこ????」
a0076043_20113790.jpg
途中で渋滞して止まっている人に聞いてみても、その人も「仙石原」を目指しているけれど、
カーナビには「仙石原」はこのあたりだと表示されているし、困惑している様子。
頭上を見ると、「大涌谷行」のロープウェイが上を目指して進んでいます。
もう一度、車に戻って地図を見たら、仙石原の湿原地帯は違うじゃない!!!

再び、箱根湿性公園を目指して方向転換するも、気持ちは焦るばかり!
父は「路肩のすすきを適当に撮ればいいじゃないか」という始末・・・。
親子喧嘩が勃発しそうな空気が流れたけれど、あと少しのところまで来ているのに諦めきれずひたすら目的地まで向かう。

カーナビがないときには、ちゃんと地図や標識を見ながらちゃんと目的地に行けましたが、
今やカーナビに頼ってばかりで本来の場所に行けない我が家族。
こりゃまずいですね。人間の脳みそを使わないと、方向感覚も麻痺してしまうのでしょうか。
[PR]
by dianas | 2007-11-04 20:20 | ・箱根 |
<< すすきの草原 ページトップ 富士山 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon