Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 世界遺産 興福寺
2007年 09月 17日 |
a0076043_1835695.jpg
小麦粉さんでお腹がいっぱいになった後、世界遺産の興福寺へ。
古の時代から堂々と存在した興福寺の五重塔。
広角レンズで撮る願いが叶いました。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
興福寺(こうふくじ)は、奈良県奈良市登大路町(のぼりおおじちょう)にある、南都六宗の一つ、法相宗の大本山の寺院である。南都七大寺の一つに数えられる。藤原氏の祖・藤原鎌足とその子息・藤原不比等ゆかりの寺院で、藤原氏の氏寺であり、古代から中世にかけて強大な勢力を誇った。
五重塔(国宝)は天平2年(730年)、光明皇后の発願で創建された。現存の塔は応永33年(1426年)頃の再建である。高さ50.8メートルで、木造塔としては東寺五重塔に次ぎ、日本で2番目に高い。




a0076043_18353729.jpg
コンピューターも計算機もない時代に緻密、かつ巨大な建造物をよくぞ作り上げた!
五重塔を見上げながら、日本人の技術力と芸術性に感動してしまいました。
a0076043_19521859.jpg
鹿にアイスをあげているおじさん発見。
a0076043_2022624.jpg
悠然としている長老格の鹿はアイスクリームにも見向きもせず・・・
a0076043_19533835.jpg
おじさんは恐くないのだろうか・・・
鹿がどんどん集まってくるよ~
暑い炎天下にいるから鹿さんたちもアイスクリームを食べたいよね。
a0076043_19544293.jpg
艶やかな紅色の柱と屋根のカーブの「南円堂」。
優美な美しさに惹きつけられます。
a0076043_19551379.jpg
「南円堂」は西国三十三箇所第9番札所であります。
a0076043_19554042.jpg
布地にも鹿のモチーフが・・・
いにしえに時代からいかに鹿が大切な存在とされていたのかがわかります。
a0076043_19565437.jpg
お清めをして・・・
a0076043_19572181.jpg
願い事を記す。
世界中から集まる観光客も、それぞれの願いを込めて。
みんなの願い事が叶いますように。
a0076043_19584948.jpg
まだほっそりとした体のあなたは今年生まれたばかりのバンビちゃんかな?
a0076043_19575821.jpg
では鹿さんの道案内で次の場所まで行きましょう。
[PR]
<< 世界遺産 春日大社 ページトップ 美味しい想い出 奈良の『小麦粉』 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon