Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 郡上八幡へ 2
2007年 09月 08日 |
a0076043_141444.jpg
夏休み最後の旅行から日が経ってしまいましたが、郡上八幡・水のある街の景色編です。

郡上八幡に行ったら、この場所を見たかったのです。
ガイドブックで紹介されていたこの場所に実際に立ってみるととても細い路地なのですが、
古い木造の民家、雨で濡れた小さな丸い敷石の配置のリズム感、路地を見下ろすような苔むした柳の木々といい、
風情があってなかなか素敵な場所でした。



a0076043_14394.jpg
ここでも柳の木が暑さを和らぐような爽やかさを醸し出していました。
曇っていて涼しそうに見えるかもしれませんが、この日は38度はあっただろう猛暑日。
柳の木の下のベンチの奥は小さな敷石がしかれ、そこには水が流れていました。
もちろんサンダル脱いで水遊びしちゃいました(^^)
通りがかりの観光客のおばちゃんに「何やってるの~!!後で足がじんじんしてくるよ」と
冷たい眼差しを向けられましたが、足を水につけていたときはひんやりとして気持ちよかった・・・
だけど、おばちゃんたちの忠告通りで(笑)
a0076043_144848.jpg
2枚目の写真の横手にあたるところはこの通り水が流れているのです。
a0076043_15529.jpg
郡上八幡は、去年のNHKの大河ドラマで主演をした仲間由紀恵が演じた「山内一豊の妻・千代」の出生地。
きっと去年は今年よりも多くの観光客で賑わったでしょう。
街のあちこちに紺地の布で作られた旗が掲げられていました。
a0076043_151499.jpg
このように子供も浅瀬で靴のまま敷石をまたぐ。大人の私もサンダル脱いで水遊びしちゃいました。
足の裏に丸い石があたって心地いいんですよ。おまけに水はとっても冷たくて気持ちよかった~。
a0076043_152218.jpg
だけど、水遊びしている姿は子供が一番絵になります。
a0076043_153089.jpg
水辺の路地を抜けると、敷石で作られた小道は終わり、昔ながらの町並みが続くのです。
ソフトクリームやかき氷にそそられました(^^)
ミルクたっぷりのアイスクリーム、もちろん食べましたよ♪

a0076043_153826.jpg
バケツをひっくり返したような雨が上がったら鏡のように映る水たまりが出来上がり。
商い中のお店に入るお姉さんの姿も男の子の姿もしっかり映ってる(^^)

【台風の爪痕】
台風9号は関東に大きな爪痕を残して過ぎ去りました。
昨夜の激しい雨は屋根をたたきつけるようで、それはそれは凄まじかった・・・
朝、通勤時に電車で多摩川を渡りましたが、中州はもちろん、普段は広場のようになっている河川敷まで増水した水で埋まり、河川敷の木々もすっかり水没していました。浅瀬の手前に止めてあった車までボンネットあたりまで水没していました。ありえない・・・

会社の最寄りの駅からオフィスまでは10分ほど歩くのですが、まだ雨風が激しく、傘がひっくり返りそうになるし、服はびしょびしょ。仕事で外出したときにも、交通機関が乱れ、振り替え輸送で迂回してばかり。電車はしょっちゅう止まり、のろのろ運転で40分で行くはずの場所が2時間もかかってようやくたどり着きました。仕事について初めての外出がこんなことになり、ある取引先の会議に出るのに始まりの時間を過ぎてしまい焦る焦る・・・。同僚は別の場所から会場に駆けつけましたが、電車ののろのろに我慢できず飛び降りてタクシーに乗ったそうですが、渋滞で全然動かず走って元の駅に戻ったそうで・・・

外出時には京急で東京から神奈川方面に渡りましたがそれはそれはショッキングでした・・・
朝方渡った多摩川の場所よりも下流にあるため、川の水は真っ茶色に濁り、普段の川幅の倍以上になり、まるでベトナムのメコン川のようでした。ゴルフの練習場とされているところまで水没していました。中州で生活をしているホームレスもかなり被害にあったようです。人間と猫が増水した川から流される映像もテレビでやっていました。

皆さんが住んでいる場所は大丈夫だったでしょうか。
被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。

台風は東北を通過し、明日は北海道に上陸予定。
実りの秋を迎えるはずの丹誠込めて育てられた農作物への影響も心配でなりません。
[PR]
<< ジャ~ンプ!! ページトップ 松茸三昧 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon