Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 郡上八幡へ 1
2007年 08月 31日 |
a0076043_0185063.jpg
岐阜県にある城下町の郡上八幡。
昔ながらの家並みがずっと続く、普段着のままの町の暮らしが垣間見れるどこか懐かしい匂いを彷彿とさせる場所です。



a0076043_0192181.jpg
400年の間踊り次がれた郡上おどり。
もともと江戸時代に士農工商の融和を図るために奨励されて盛んになったそうです。
7月中旬から9月上旬にかけて32夜にわたって踊る郡上の夜。。
訪れた日の夜も郡上踊りを控えていて観光客がわんさかいて街はお祭りモード一色。
観光客も地元の人もひとつになって踊るお祭りの盛り上がりはそれはそれはすごいのでしょう。
a0076043_0195812.jpg
商店や個人宅の軒先にお揃いの提灯がかけられています。
お囃子と下駄の音、それに川のせせらぎが重なって山あいにこだまする夏の夜の風情。
圧巻は徹夜で踊る盂蘭盆会の夜明け近く、東の空が白々と明けゆく頃。
その時は歌い手と踊り手の息がピッタリと合って夜の短かさを惜しむように踊りがつづきます。
(郡上八幡観光協会HPより)

a0076043_028465.jpg
山の天気は変わりやすく遠い山から雷が一瞬光ったと思ったらどんどん雲行きは怪しくなりました。
お昼ご飯を食べるお店を探していたけれど、傘も持たずに出かけたからこうなったらどこでもいいや!!
と、腰が曲がったおばあちゃんが一人でやっている定食屋さんに飛び込みました。

お店に入って数分もたたないうちにバケツをひっくり返したような激しい雨がたたきつけました。
あの雨の激しさは「郡上八幡」の印象として強く残っています。
ざるそばを頼んだけれど・・・味は言いますまい。
おばあちゃんが作ってくれたおそばの写真も撮らずもくもくとすすりました(笑)
a0076043_042507.jpg
雨が上がってひんやりした空気を感じながら、定食屋さんのおばあちゃんに教えてもらった『長敬寺』へ。
鍛冶屋町、職人町のつきあたりにあります。
葉っぱが青々としている樹木は、春には見事な枝垂れ桜として彩りを添えるのでしょうね。

水の街として知られるこの街の風景は次回に・・・。
[PR]
<< タイカレーパーティー ページトップ すーさんとオフ会 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon