Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 青蓮院
2007年 07月 20日 |
a0076043_1624484.jpg
↓の廊下がある場所は東山にある青蓮院でした。
館内の観光ルートでではなく、廊下からほんのちょっと入り組んだ場所です。

何度も何度も青蓮院の前を通ったことがあったけれど、何故か一度も入ったことがなかったのです。
青蓮院門跡は、古くより皇室と関わり深く格式の高い門跡寺院とされております。
入ってみて、重厚で素晴らしい建物と広々とした見応えのある庭園にすっかり魅せられました。
あぁ~~・・・なんで今まで来なかったんだろう。



a0076043_16225529.jpg
太い梁と天井の下の廊下をしずしずと歩き、両サイドの深い緑を眺めながら、華頂殿から小御所へ。
a0076043_1623117.jpg
小御所からは開け放された障子の先の木を挟んで宸殿が眺められます。
宸殿の奥まで繋がるこの場所は気持ちのいい風が吹き抜けるのです。
a0076043_1623851.jpg
「太閤秀吉寄進の『一文字手水鉢』を見落とさないように」とひろさんのメッセージ。
はい、見落としませんでしたよ(^^)
a0076043_1623148.jpg
ほの暗い廊下の先には光が差し込み、雨上がりで生き生きしている緑の木々が目に鮮やかに飛び込んできます。
ぴかぴかに磨き込まれた床板の光と陰の芸術作品。
a0076043_16232015.jpg
後ろを振り返ると障子を通して優しい光が差し込みます。
a0076043_16243146.jpg
さて、庭に降りると龍心池が出迎えてくれますよ。
a0076043_16245733.jpg
石畳を踏みしめながら、楓のアーチをくぐろう。
a0076043_16253798.jpg
絶妙な幹のカーブは逞しく、力強い木が庭園を見守っているようです。
a0076043_16254595.jpg
庭の裏側に回り込み、優雅に鯉が泳ぐ龍心池を見下ろします。
a0076043_1625522.jpg
もっとゆっくりと見たい気持ちを抑え、後ろ髪をひかれながら次の目的地に向かって足早に・・・(^^)
京都のお寺さんは門限が早いからね。
[PR]
<< 知恩院 ページトップ ある廊下 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon