Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ Ferryに乗って自由の女神クルーズ
2007年 04月 25日 |
a0076043_9224562.jpg
スタッテン島とマンハッタンを結ぶスタッテン・アイランド・フェリー。昔は有料(往復50セント)だったのですが、スタッテン島の住人の意見を尊重され、現在は無料です。フェリー乗り場はバッテリー・パークの東にあるフェリー・ターミナル(Whitehall Ferry Terminal)。地下鉄を出てすぐのところにあります。



a0076043_9242390.jpg
フェリーに乗って、25分ほどの船旅のはじまりはじまり~。
a0076043_9251944.jpg
移民博物館のあるエリス島の前を通りかかります。
a0076043_9263735.jpg
フェリーの最大のエンターテイメントは船上から見える壮大な景色を楽しめること!上階の船室の室外通路の手すりを陣取って大パノラマを堪能しましょう。
a0076043_9331788.jpg
だけれど、体感気温ひとけたで、海風をまともに受けますからかなりの覚悟が必要です。でも、ただですから・・・ガマンしなくちゃね。自由の女神の近くに来ると室外通路に出て写真を撮る方もたくさん。お互いに写真を撮りあったりして、自然に仲良くなれるのもこの船旅の楽しいところかなと思います。このグループはフランス系のカナダ人の観光客でした。
a0076043_9284094.jpg
ゆっくりとフェリーが進みながら自由の女神の前を通りかかります。女神の下にいる人たちの小さいこと!初めて見た本物の女神の姿に感動!力強くて、大きくて、そして美しい。これぞNYを見守る女神様です。『自由』を求めてニューヨークへ移り住んできた人々をずっと見守ってきた女神像は、これからもこの地を訪れる皆をずっと見守っていてくれるんですね。
a0076043_9314467.jpg
スタッテン島に到着です。英語でアナウンスが入り、乗員は全員降りなければいけません。スタッテン島巡りも出来ますが、私たちはすぐに乗っていた船にもう一度乗り込みマンハッタンへ向かいました。
a0076043_9344818.jpg
帰りの航路でも女神様の前を通りかかります。また貴女に会う日までさようなら。
a0076043_9352720.jpg
帰りの船旅は、寒さにやられてしまったのか、外の通路にいた人たちも船内の椅子に座り込んでいました。フェリーには通勤・通学の乗船客だけでなく、観光客の方々も結構乗っています。往復1時間の船旅はもうすぐ終わりです。
a0076043_9362881.jpg
マンハッタンに戻ってきました。さあ、上陸だ!!
[PR]
<< Greenwich Villa... ページトップ マンハッタン最南端 Batte... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon