Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 国立新美術館
2007年 03月 06日 |
a0076043_1825976.jpg
1月にオープンした国立新美術館に行ってきました。
新美術館の最寄り駅は千代田線の乃木坂駅。
いつもお稽古に行くときに時間があるときは六本木の教室まで乃木坂から歩いていたので、
この美術館が出来上がるまでの工事の過程を横目に見ながら歩いていたのです。
ちなみに、今回はお稽古に行く途中に寄り道したので、建物だけを手早く撮影してきました!



a0076043_18384995.jpg
まず目を引くのは、都知事選で話題の黒川紀章氏が設計したガラスの巨大ウェーブの建物。
太陽があたり、さざ波のようにきらきらと輝いています。
a0076043_21523339.jpg
館内は広々とした3階までの吹き抜けの空間で、今までの美術館のイメージを覆す大胆さ。
a0076043_21534861.jpg
エスカレーターで2階に上がると・・・
a0076043_21543687.jpg
コンクリートの円柱と白木の板で織りなす壁が洗練されたデザインで、開放的な明るい廊下が続きます。
a0076043_21564060.jpg

a0076043_21565764.jpg
さて、東京の新名所になった、3Fのフレンチレストラン「ブラッスリーポール・ボキューズミュゼ」。
天空のレストランのようで、館内のどこからも目につくとても独特な作りをしてます。
a0076043_21575249.jpg
そうはいっても、初の海外進出店とあって長蛇の列をつくるほどの大人気。
ここに座っている方々は、レストランの席が空くのを待っているお客さんです。
a0076043_21582320.jpg
『こちらが列の最後尾になっております』の立て看板が・・・。忍耐力のない私は萎えました・・・。
椅子席にあぶれた人は、ここに綴れ下りに並んでます。最後尾のお客さんが座れるまで、何時間待つことになるんでしょう。
いつもながら、東京の新名所では「待つ」忍耐力が試されますね。
忍耐力のない私は、早々に引き上げましたが・・・(笑)
a0076043_2222015.jpg
ただいま開催されている『異邦人のパリ ポンピドー・センター所蔵作品展』。ピカソやシャガール、カンディンスキー、藤田嗣治など近現代芸術家たちの作品が紹介されています。これは今週、じっくりと観に行く予定です。予告編のモネのポスターが貼ってありますが、この時には人混みで押すな押すな!になるのが予想されますね。日本人は印象派が好きですから(^^)もちろん、私も。その他にも展覧会やイベントなど、様々な企画が開催されていて、一日居ても飽きない美術館のようです。
a0076043_2251710.jpg
正門の前には美大生でしょうか?数人の男の子達が座り込んで新美術館の斬新な建築物のデッサンに励んでます。
花粉症にも負けずにガンバレ!!
a0076043_2262587.jpg
かっこいい帽子で決めた男性も、座り込んでデッサン。
a0076043_2265259.jpg
修学旅行の生徒さんらしきグループも。使い捨てカメラで写真を撮ってる(^^)
すでに修学旅行のコースになってるんですね~。ここが東京の新名所になったということなんですね(^^)
[PR]
by dianas | 2007-03-06 22:16 | ・東京 |
<< 偶然が重なった一日 ページトップ 花嫁さんとBouquet..。... >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon