Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ IKEAのショールーム
2006年 11月 06日 |
IKEAの2階には各シチュエーション別のショールームがあります。例えばダイニング、キッチン、書斎風の部屋、寝室、子供部屋などなど。それぞれのシチュエーションごとに家具や雑貨が置いてあり、まずそこでチェックして気に入ったものがあればメモしておいて1階のセルフサービスで購入するというシステムです。

家具屋というよりはアミューズメントパークみたいに楽しめます。家具は組立て式で、自分の車で持ち帰る方式なので普通の家具屋さんよりも格安です。もちろん、配送もありますが、自分たちで持ち帰ることをベースに考えられているので、コストも安くなるようです。雑貨も結構かわいいのがたくさん。買い込んでしまう気持ちを抑えて、今回は見るだけに徹しました。

特になるほどなぁと思ったのが照明の使い方ですね。間接照明の使い方、デザイン性はヨーロッパの習慣がそのまま生かされています。普段、煌々と蛍光灯をつけているせいか、間接照明の柔らかな明るさが心地よく感じます。でも、実生活に戻るとなぁ。やはり、ここは日本ですからね・・・。mayさんのおうちは間接照明を上手に取り入れてらっしゃるのでしょうか。
a0076043_22174234.jpg
ダイニング 大人数のお客さんでもこなせそうです。お客さんの人数に合わせてテーブルを調節したり、椅子も重ねられるし、スペースを上手に使えそう。北欧ならではの白い木目が目に優しく感じます。ただ、普段の生活で使うのには安っぽいかなぁ。





a0076043_22181666.jpg
清潔感のあるシンプルなキッチン。ちゃんとIHになってる(笑)でも、ちょっと狭いなぁ。広いキッチンが欲しい!!
a0076043_22184275.jpg
食事の後にゆったりと過ごすリビングルーム。シンプルな焦げ茶色の家具でも、ローラアシュレイ風のソファーが加わるとお部屋の雰囲気が明るくなりますね。ランプの使い方もうまいです。ソファーの土台はひとつでも、カバーを変えるとお部屋の雰囲気ががらっと変わるんですよね。ソファーのカバー見本もいろいろあって目移りしました。家具はそんなにおけないから、部屋の雰囲気を変えたい!と言うときには、布の使い方を変えるといいんだなぁ。
a0076043_22191167.jpg
モダンな雰囲気のダイニング。お友達とお茶の時間を過ごすのによさそう(^^)飾り棚も使う人によって、飾り方や収納の仕方がちがうでしょうね。白い壁に白木の家具と床に紺色のカーペットを敷くだけで部屋が引き締まります。
a0076043_22192434.jpg
重厚感漂う壁面にいっぱい本が並んだ書斎。シンプルな組み立て式の本棚を壁面に配置しただけでも、壁の色とソファーをシックにすると落ち着いた雰囲気に。皮のソファーにじっくりと腰を落ち着かせて静かな夜を楽しむのも良さそうです。いいトシの大人になったら、こういう部屋が欲しいなぁ。
[PR]
<< ブログをはじめて一周年を迎えました! ページトップ IKEA 港北へ >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon