Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 世界遺産 白川郷 その4
2006年 09月 08日 |
a0076043_2131547.jpg
白川村には10カ寺がありますが、その中で最も檀家が多く、由緒もはっきりしているのが『明善寺』。
この鐘楼門は明善寺創建に造られた、飛騨匠の作で、良材の総檜造りで延べ1425人を要したとされています。

鐘楼の横に立つ古木は岐阜県指定の天然記念物『一位』
樹齢約300年の太くて立派な木。

梵鐘は黄鐘調で地上を流れるように鳴り響き、人の心をとらえる銘鐘。聞くことができなかったのが残念。
鐘楼の高さはどうであれ、集落中を鳴り響かせる鐘の音は、洋の東西、意味合いは同じなのでは。





a0076043_21321031.jpg
優美な茅葺き構造の屋根。
人々は神に祈りを捧げるからこそ、厳しい自然の中でも守られているのでしょう。
a0076043_22404926.jpg
樹齢300年の古木。
朽ちた木ですが、見上げるほどの高さで美しい葉を茂らせています。(9月9日追記)

[PR]
<< 世界遺産 白川郷 その5 ページトップ 世界遺産 白川郷 その3 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon