Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 母の日にはカーネーション
2006年 05月 14日 |
a0076043_1333395.jpg
母の日の花として贈られる真っ赤のカーネーション。
アメリカのアンナ・ジャービスさんのお母さんが1905年になくなり、それを記念として1908年5月10日に母の日となったそうです。亡くなったお母さんには白のカーネーションが定番でしたが、この時から赤のカーネーションが使われるようになったそうです。
カーネーションは丈夫で忍耐強く、スパイシーな香り。母のイメージに重なるそうです。





英名:Carnation, clove carnation(クローブの香り付けをしたスパイシーな香り)
Clove Pink(Pinkとは「なでしこ」のこと)
原産:南ヨーロッパ

最も古い園芸植物の一つとしてチューダー期のハーブガーデンが出来た頃から栽培され、薬草として、下剤・強心剤としても使われたそうです。古名はjilly flower, July flowerともよばれ、カーネーションは年中出回っているものの夏の花として扱われます。原種は一重でシーザーの時代にスペインで発見され、スペイン人は飲み物にスパイスとして花びらを浮かせて飲んだそうです。


当たり前のように毎日いる母に、ありがとうの言葉は照れくさく、なかなかいえないませんが、後日何かの形でしてあげたいなぁと思います。皆さんは母の日に何かしましたか?
[PR]
<< 『トラピスチヌ修道院』 函館よ... ページトップ 函館より >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon