Cecile Story
dianas.exblog.jp
ブログトップ
■ 不思議バトン
2006年 06月 09日 |
a0076043_19464756.jpg
『地中海と砂漠のあいだ』のちからくさんから不思議バトンが回ってきました。
エルサレムからのたっての依頼です。ここでパスしたら女が廃りますよね。ちょっくらやってみますか!





【不思議バトン・ルールの説明】

◆①~③は回してくれた人の質問に答える
◆④は次の人への質問を3問考える
◆⑤項目目はバトンを渡してくれた人にメッセージ
◆⑥項目目はバトンを回す人3人を紹介

①もしお魚に生まれ変わったら?
なんでこの質問がまわってきたんだろう(笑)水産系の会社にいるのでちょいと驚きました。
確か、このブログでは公表してなかったはずなんで・・・

何の魚かな。鮭かな?

産まれ育ったところを離れてすいすいと行き着くまま世界中を漂流して、気ままに美しい海の中を悠々と泳ぎまくる。最後は体力を振り絞って美しい故郷の川にたどり着いて、かわいいベベを沢山産む。人間様に捕まっちゃったら絶品の塩鮭になってうなってもらえるおいしいシャケに変身。
ベベも一緒に捕まっちゃったら贅沢親子丼にしてもらう。その時は蟹さんと一緒に載せて頂戴。
間違ってもコンビニ100円おにぎりの具材にはしないでください(笑)。せめて高級おにぎりの具にしてください。

②言いたかったのに言えなかったあの一言
え~、ここでいうんですか。
「好きです!」。それと、意地を張ったときの「ごめんなさい」

③今、あなたは飛行機に乗っています。さてどこへ行くのでしょう?
これって乗り継ぎ可能ですか?
乗り継ぎ可能として、まずはドイツに行ってワールドカップ観戦!
ワールドカップが終わったらその興奮状態をkeepしつつ、そのままニースへひとっ飛び。エメラルドグリーンの海を眺めながら一夏を過ごしセレブもどきの生活をしてみる。お金が底をつきそうになったら、持ち金全部をもってモンテカルロまで車を飛ばし、カジノで人生に一度の大勝負に勝つ。それでしばしグレースケリーになりきる。その後はまた車を飛ばしてアルプスへ。

暑い夏を涼しく過ごすために、スイスの山小屋できれいな山並みを眺めて夕暮れ時にはおいしいフォンデュとワインで干し草のベットで寝る。山小屋生活を満喫したら、グリンデルワルトやルツェルンンでお散歩。ヨーロッパといったらやはり鉄道の旅。スイスからは車窓から過ぎていく景色を眺めながら夜行列車に乗って第二の故郷のブラッセルへ。

ブラッセルではCIS諜報部員として報告出来るチョコレートの現地リポートをする。
その後はタリスに乗って1時間20分でパリにも寄ってecouffesさんにカメラの手ほどきをしてもらい、絶景のパリをたくさん撮る。

帰りは南回りの飛行機に乗り込む。最後のヨーロッパをヴェニスあたりで過ごしてアドリア海のほとりでちからくさんと待ち合わせ。今まで見たことがない秘境に案内してもらい、そのままエルサレムへ。ユダヤの世界をちからくさんに教えてもらいながら名物料理を食べて、もりもりと元気をつけてから、嘆きの壁の前でしばし祈りをささげ、ガリラヤの草原で風に吹かれながらバカンスを振り返る。

書いてたら、飛行機の話からずれて、行きたい旅行プランになってしまいましたね。
これって何ヶ月かかるかな。3ヶ月は最低必要ですね。


『次の人への質問3つ』
①もし人生やり直せたら、今どこで何をしていたい?
②1日だけ誰でも好きな人と入れ替われるとしたら誰と入れ替わりたい?
③なにをしている時に一番幸せを感じる?


『バトンを渡してくれたちからくさんへのメッセージ』
どきどきするようなネタを満載してくださいませ!

『バトンをお願いしたい方』
cobraさん、りりーさん、トリアーノさん、それから・・・
忙しいひろさんにも、あと・・・広島弁バージョンであきんこさんへ
あらら、5人になってしまいました。

ではバトンの受け取りお願いします♪
[PR]
<< June Bride ページトップ シンビジウムのアームブケー >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon